プロパンガスの値下げ交渉ってできるのでしょうか?
しかもそれが賃貸アパートやマンションだった場合・・・

もしあなたが入居前だったら、不動産屋さんを通して値下げ交渉してみるといいと思います。
実際、賃貸契約を結ぶときに値下げ交渉が成功して、安くなったという例があります。
入居前にガス料金をチェックするというのは、かなりの上級者ですね^^

でも、普通は、しばらく生活して、家計簿をチェックしたり知人と話しているうちに、どうもうちはプロパンガス料金が高いらしいということに気づきます。

同じガスなら、できるだけ安くしたいというのが人情。
光熱費は削れないところだし、積もり積もればかなりの料金に・・・!!

さて、そこで、プロパンガス料金の値下げ交渉ですが、ここがなかなか厄介です。

まず、大家さんがプロパンガス会社とアパート(マンション)丸ごとの契約をしているからです。
自分のところだけ安くしてもらうとか、別のガス会社に変えてもらうのは難しいです。

安いガス会社に変えてもらえればそれが一番ですが、もし無理なら単価を下げてもらう交渉がいいでしょう。
ご存知のように、プロパンガス料金は、大まかに言うと、基本料金と従量料金からなっています。

値下げ交渉の場合、従量料金(何立方につきいくらという料金)を安くしてもらうように交渉します。

その場合も、自分一人で交渉するのではなく、アパートやマンションの住人と協力することが大事です。
管理組合などがあれば、提案してみるといいかもしれません。

 

賃貸の場合、一戸建ての持ち家と比べて手間がかかるというか面倒です。
そして、必ずしも値下げ交渉がうまくいくとは限りません。

まず、賃貸の場合、プロパンガスの契約はどうなっているのか知っておきましょう。
これからアパートを借りようと思う方は、プロパンガスの料金についてもチェックしておくと失敗ありません。

賃貸アパートやマンションの場合、プロパンガス会社を自分で選ぶことはできません。
大家さんがプロパンガス会社と一括で契約しているので、その会社を使うしかないのです。

プロパンガス料金が他と比べて高いな、と思っても簡単に別の会社に乗り換えられないんですね。
一戸建ての持ち家なら自由にできるのに・・・
同じプロパンガスなのに、高いものを使うのは納得できないですね。

黙っていると高い料金を払い続けなければならないので、できることはやってみるのがお勧め!

まず、大家さんに話してみるといいでしょう。
もし話しにくい場合は、不動産屋に聞いてみてもいいと思います。

「友達のところはプロパンガスの料金がうちより安い」
「他と比べて、ガス料金が高すぎると思う」
「もしできるなら、他の会社と契約してもらえないか」

大家さんにしたら、ガス料金を支払うのは賃借人なので、値段のことは気にならないんですね。
アパートを建てる時に決めたガス会社をずっと使うわけです。

最初に契約する時も、安いガス会社を探すとか、そういうことも特に必要ないわけです。
わりを食ってしまうのは賃借人、ということになります。

大家さんにとってはガス会社の切り替えは面倒なことかもしれません。
でも、借りる方としてはできるだけ光熱費は抑えたいところですよね。

 

プロパンガスの料金は、都市ガスの料金と違って自由に決められるのですが、だからと言って個人がプロパンガス会社に交渉して値下げを実現するのは難しい!

でも、諦める前に団結して交渉することができれば道は開けるかもです。