プロパンガスの料金が高いなぁ、平均ってどれくらいだろう?
できれば安いものを使いたいけど、自由に変えられるの?

プロパンガスの料金については、知っているようで実は知らないことが多いのです。

・プロパンガス(LPガス)は自由に選べる!

・プロパンガスは地域によって平均料金が違う!

・プロパンガスの料金は一律ではない!

もしかしたら、高いプロパンガス料金の知らずに使っているかもしれません。
それはとてももったいないことですね・・・!

 

プロパンガスの料金は、安ければいい?

プロパンガスの料金が安くなると聞いて、早速変えたい!と思いますね。
でも、安ければいいというものではありません。

もし、最初は安い料金で始められても、途中で値上げされてしまったら?
それも大幅な値上げの場合、かえって高くついてしまうかもしれません。

お勧めなのは、ガス会社を変更したあとの料金の変動に対する保障があるもの。
原油価格の高騰や、インフレなどによる値上げにも対応してくれる会社です。

でも、普通の人はどこの会社がいいのか、調べてもわかりにくいものです。

そういう時こそプロに任せてみてはいかがでしょうか?

当サイトでは、プロパンガスを安くしたい方へのアドバイス、地域による料金の比較、安いプロパンガス会社の探し方など、お役に立つ情報を発信していますので是非参考にしてください。

 

優良なプロパン(LP)ガス会社を選ぶポイント

プロパンガスは料金だけで選ぶと失敗します。
最初に格安な料金でも、途中で何らかの理由をつけて値上げされることがあるからです。

結局、他の会社より高くついてしまった・・・
そんなことにもなりかねません!

安心保証のついているガス会社がお勧め

プロパンガス料金の安心保証ってなに?と思いますね。

■不当な値上げを監視
業界全体の動きから見て、明らかに不当と思われる値上げを監視して、無用な値上げを阻止します。
これによって、無駄なガス料金を払うことがなくなります。

*数多いガス会社の中には、不当値上げをする会社もあります。
最初からそういった不安を取り除くことが大事です!

優良ガス会社のみと提携しています→

都市ガスならば自分で選ぶ必要がありませんが、プロパンガスは契約するガス会社を自由に選べます。
自由度が高い分、よく考えないと失敗してしまうんですね。

一般の人にはわかりにくいプロパンガス業界。
エネジスタは、優良なガス会社とのみ提携していて、監視もしっかりしてくれるのが嬉しいです。

契約したあとも、不安や不満があれば無料で相談に乗ってくれます。
万が一不当な値上げがあった場合、その会社との契約を解除できるところも心強い!

売りっぱなしにしない、アフターケアも充実している会社と言えるでしょう。

 

プロパンガスの料金 基本知識

●プロパンガスの料金は全国均一ではない!

初めてプロパンガスを使う方には意外かもしれませんが、プロパンガスの料金は自由に決められます。
知らずに高いガス会社のプロパンガスを使っていた、などということもあります。

自分の住む地域のプロパンガス料金の平均を調べて比較してみるといいですね。

●プロパンガスの品質は皆同じ?

日本LPガス協会で規格が定められているので、一定水準は満たしていると言えるでしょう。
プロパンガスにも3種類あって、その違いはプロパンとプロビレンの含有率の違いによるものです。

いずれにしてもプロパンガス会社の使うLPガスは、どこもそれほど違いがないということになります。

 

プロパンガスが高い、と感じたら?

プロパンガスの料金がどうも高い・・・そう思うことはありませんか?
自由に料金が設定できるプロパンガス、知らずに高い料金を払っているかもしれません。

先ほど述べたように、プロパンガスの品質は決められているので、安くてアフターケアやサービスのいいガス会社に変更したほうがいいかもしれません。

これは一例ですが、安心保証つきの会社の料金早見表です。
どうでしょう?今お使いの会社と比べて、安いと思いませんか?

こういった低料金で良心的なガス会社とお客様を仲介するのが「エネジスタ」です!

見積もりや相談は無料なので、一度相談してみるといいかもしれませんね。

 

プロパンガスの料金、家族の人数と平均料金を知る

プロパンガスの料金は当然のことながら、使用量によって変わってきます。
また、一人暮らしでもたくさん使う人もいればそうでない人もいます。

4人家族の場合も、毎食家で料理をして毎日お風呂に入る場合は、当然使用量も増えます。

したがって、一概に人数で料金を割り出すことはできませんが、平均という事で言うと・・・

●1人~2人   6.5ml

●3人       8.9ml

●4人       11.3ml
(資源エネルギー庁の統計より引用)

およそこういう使用量になっていますね。
6人以上になっても極端に増えるわけではなく、12ml前後という統計結果が出ています。

人数に寄るより、季節による変動差の方が大きいですね。
冬場は夏場の倍近くの使用量になっています。これは都市ガスでも同じことです。

1月2月は、7月8月の約倍の使用量になっています。
節約を考えるなら、冬場のガスの使用方法を考えるのがポイントになりそうです。

プロパンガスの使用量は意外に少ない!?

プロパンガスを初めて使う方は、ひと月にどれくらい使うか見当もつきませんね。
こちらも、統計を見てみましたが、なんと5ml以下の家庭が46.1%と半数近くを占めます。

思ったより使わないんだな・・・という印象がありますね。

その次に多いのは10ml未満の世帯で、20.1%を占めます。
つまり10ml以下で7割近くを占める計算になります。

上の価格表と照らし合わせてみると、10ml以下なら4000円程度で収まることになります。

都市ガスでもよほど節約しないと4000円にはおさまらないので、
思ったよりプロパンガスは高くないのだな、と思いました。

一か月に20ml以上使う世帯は全体の10%程度となっています。
かなりたくさん使う世帯でも、1万円以内で収まるということですね。